住まいを貸したい、マンションのオーナーになるまでの道のり

即決で入居者が決まりました

最初の2組は物件見学だけで終わりましたが、30代後半のお子さん一人を持つ夫婦が自分達のマンションを気に入ってくれて借り主となってくれたのです。
海外出張で日本を離れていたので、部屋を丁度探している中での物件紹介などからも、即決で入居者が決まりました。
後は、自分達が住むための住宅になるわけですが、これについても入居者が決まった直後に良い物件を見つける事が出来てほぼ同時に引っ越しを行って互いに新生活をスタートさせる事が出来たのです。
マンションのオーナーになる事が出来た、同時に自分達のマイホームも見つかるなど、こうしたケースは少ないかと思われますが、自分達が利用した不動産会社の協力があったから可能になったと感じています。
リノベーションを行っていた部屋なども借り手が早く付いたポイントなどの話を不動産会社の担当者から聞きましたが、部屋の間取りなどが求めている人にとって最適なものであった事、たまたま貸したいと言う気持ちから始まった事など、世の中にはこうしたタイミングもあるなどを感じました。
もし、不動産投資についての記事を見つけなければ貸したいと言う気持ちが起こらなかったでしょうし、売却してみようと考えなければ不動産会社の担当者とも出会えなかったのではないだろうかと思います。

住み替えを考え始めました / 情報公開を行って10日程で反響が出て来ました / 即決で入居者が決まりました

マンション 貸したい《静鉄不動産》静岡の不動産・賃貸・マンション・住宅情報