住まいを貸したい、マンションのオーナーになるまでの道のり

情報公開を行って10日程で反響が出て来ました

中古であれば現在のマンションを売却してもお釣りが出るのではないか、査定をして貰った所、リノベーション物件になるので高く売れる事を教えて貰ったのです。
ネットで査定を依頼する会社を検索している際に不動産投資についての記事をネットで見つけました。
投資として利用すれば家賃収入も得られるし、ローンはすべて完済しているため、家賃収入を使って手頃な一戸建てを購入するのも良いかもしれないなど、夫婦で話をした事があります。
この話は最終的にはマンションのオーナーになれる、部屋を貸したいまでに発展しました。
計画としては、現在の住まいを賃貸として貸し出す、同時に自分達が住む新築もしくは中古の一戸建てを探すと言う方法です。
査定をお願いした不動産会社に相談した所、現在紹介可能な新築分譲住宅や中古住宅が数多くあるので見学をしながら賃貸経営についての話をする事が出来ました。
ある程度の頭金が用意出来るので、頭金で足りない部分については住宅ローンを組んで購入と言う流れになりますが、最初に賃貸として部屋を貸し出してから、その収入でローンを組む計画にしました。
賃貸の部屋を貸し出すに当たり家賃相場を教えて貰い、相場価格で物件情報をネットの中や不動産会社のデータベースに登録、情報公開を行って10日程で反響が出て来ました。

住み替えを考え始めました / 情報公開を行って10日程で反響が出て来ました / 即決で入居者が決まりました